犬猫に与えていけない食べ物

| トラックバック(0)
飼っている動物についつい動物ようのご飯以外にも与えてしまう方は多くいると思いますが、
動物に与えてはいけない食べ物があることをご存知でしょうか?
またその中には命の危険に関わる物も多くあります。

1.ネギ類・ユリ科植物
 こちらは知っている方も多くいると思いますが
 玉葱、長ネギ、ニラ、ニンニク、エシャロット、ラッキョウなどを与えてしまうと
 体内の赤血球を破壊するため、量によっては死に至る事もあります。 
 玉葱を煮込んだスープなど、エキスが出ているものも危険です。
 症状は、血尿、胃腸障害、衰弱、心拍の増加です。

2.カカオ類
 カカオの成分であるデオブロミンが中枢神経を刺激する毒素となります。
 チョコレート、ココアなどカカオが含まれた物がこれに該当します。
 特にビターチョコは危険で、小型犬ですと、板チョコ約1枚分で
 致死量になってしまいます。
 症状は不整脈、心拍の増加、口の渇き、過剰な活動、痙攣、発作、嘔吐などです

3.骨
 よく犬が骨を食べたり、猫が魚の骨をくわえるなどのイメージを持っている方も
 いると思いますが、このイメージは間違っています。
 魚を食べた時に骨がのどに刺さったことはありますか?
 これは人も犬も猫も同じで、骨を食べると喉を傷めたり、
 または胃や腸などの消化器官を傷つけることがあります。
 症状は胃腸障害、喉の炎症、嘔吐などです。
 

この他にも、貝類、甲殻類、青身の魚、アルコール、キノコなどまだまだありますが、
そもそも人間が食べている物を動物に与えているのは良くない行動です。
自分の飼っている、犬や猫が可愛いのはわかります。横須賀の人気美容室chocolat
そして、食べている物を欲しがってあげたい気持ちも分かりますが、
その行動が後々、犬や猫を苦しめてしまうというのを忘れないでください。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、ysato002が2014年5月26日 20:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「知らないうちに太くなる二の腕」です。

次のブログ記事は「状態に合った食べ物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31